携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 国民性?ペルソナ?

今日は、自分の為つぶやきです。
どうぞスルーされて下さいね♪

f0314199_22010476.jpg









今日は授業で
私の第二の故郷が舞台になった小説について、各々意見を述べる場が設けられました。

この小説の内容を大雑把に言えば、
ある男性が、運命の女ファムファタル(A)と恋に落ちたが、
ある日突然、女から別れを告げられ別れる。
しかしその数年後、再び運命の再会をする。
その女は結婚してしまっていたが、焼け木杭に火がつき、再び関係を持つ。
と同時期に、聖母のような女(B)と巡り会い、
男性はこの二人の女性の間でゆらめき、そして結局は2人からも捨てられてしまう、というお話。


「こういう男性についてどう思うか?」という教授に
生徒たちは
「こんな男性がいるなんて想像つかない」
「一度別れた相手と再び会って、また関係を持つなんて」などと喧々囂々。
え〜、でも
私はこういう話しをあの国では嫌と言う程見てきた003.gif

(私は、絶対そんな事しません!!断言!!)

私の第二の故郷では、
別れた男女が、ハグしたり、キスしたり、一緒に映画に行ったりするのは割と身近にある。
こっそり、いつの間にか復縁していることも珍しくない(汗)

私は小説を読みながら
「あー、あるある、こういう人いるいる」と笑いとばしていたのだけど、
それを言うと、「ええっ」と白い目で見られちゃった。

もっと意見を広げたかったけど、
時間も無くなってきたので、討論は中途半端に。
うう、欲求不満だ〜。

とにもかくにも、
1900年代の日本の文人たちがこぞって読んだロマンス小説。
彼らはどんな風に思ったのだろう。。。

でも、そういえば、、、
鴎外、漱石、由紀夫。。。彼らもエロティックだ・・・と思うの。。。

[PR]

by papettone | 2013-11-27 22:41 | 雑談

<< 今日は資格試験の勉強〜 こまっけろ >>